友の会のご案内

患者家族のための友の会

サルコイドーシスと診断された方々は憔悴し、暗い不安や強いストレスを抱えながら生活しておられます。
友の会としては、会員の皆様のお互いの痛みや苦しみを分かち合いながら、気楽に病気の悩みを打ち明け、時には愚痴をこぼす場として、お茶の集いや研修会を定期的に行うことにより、会員ひとりひとりが日常において人間らしく、満足して生活できるよう支援及びサポートに取り組んでいるところです。
病気の原因が究明され、根本的治療法が一日も早く確立されることを願って準備期間3年を要して平成20年「宮城県サルコイドーシス友の会」として発足しました。
ひとりで悩んでおられる方も多いと思いますが、入会するしないにかかわらず、一度友の会をのぞいてみて下さい。
あなたにとって乗り越えることのできる何かのきっかけが必ず見つかるはずです。

次のような活動をしています

1 毎月一回、「お茶の集い」
主に仙台市福祉プラザを会場にお茶を飲みながらの情報交換。気楽に悩みや困りごと、病院情報、生活、介護、旅行、うまいもの、話題豊富で自由な雰囲気でうちとけムードの集まりです。
たまに他の患者会の方々との交流会も不定期に開催します。別の病気の方々のお話も聞けます。
2 会報の発行
年二回予定、「絆」
会員からの原稿をもとに発行。手記、俳句、写真、絵、入院日記、習字、   他なんでも。医療情報
3 医療講演会・相談会
年1~2回
専門医によるサルコイドーシスに関する医療講演会の開催。
4 総会の開催
年一回総会を開き、活動の確認、会計の収支報告。医療講演・相談会の計画
5 療養相談
医療、福祉、病院紹介、悩み事等
NPO法人宮城県患者家族団体連絡協議会と友の会

宮城県サルコイドーシス友の会は、NPO法人宮城県患者・家族団体連絡協議会(MPC)に加盟しています。
MPCは約3.000名で組織する患者・家族団体として、NPO法人として登録されております。
詳しくは定款によりますが、難病患者・家族を支援することを目的に設立されました。     宮城県からの委託事業と、仙台市からの委託事業を行っており、宮城県難病相談支援センターの運営とピアカウンセラーの派遣及び県内各地における医療講演・相談会の開催並びに講師(専門医)の派遣など多肢にわたる支援活動をおこなっています。

ホームページアドレス
http://mpcmiyagi.com
サルコイドーシス友の会のページはこの中にあります。行事予定などの情報が書かれておりますので是非ご覧ください。

~入会の手続き~

<連絡先>
〒989-3214
仙台市青葉区みやぎ台5丁目13-6
宮城県サルコイドーシス友の会
事務局 畠山正四郎
TEL/FAX022-394-3382
携帯 090-8251-1498
メール charbee2011@jcom.home.ne.jp

<会費>
入会金 無料
年会費 2.000円
会計年度は毎年4月~翌年3月

<会費振込先>
郵便振替口座  02240-8-124922
加入者名 宮城県サルコイドーシス友の会

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする