総会が行われました。

会議

宮城県サルコイドーシス友の会年次総会が7月3日(日曜日)仙台市シルバーセンターにおいて行われました。昨年度の事業報告、決算報告、事業予定などが審議され承認されました。総会後には「健康体操」の実技が行われました。講師の滝口義光氏(健康運動指導士)による約一時間あまりのストレッチと軽い筋力トレーニングを行いました。ユーモアと爆笑を誘う指導に、心身共にリフレッシュできました。

その後開かれた懇親会では、難病法の新たな改正に伴う、様々な問題が起きていることが出されました。認定基準のハードルを上げて、認定患者数の削減の始まりを実感する時間が流れました。一例で、D病院から「もう、うちでの診察の必要はない」と言われたとの報告もありました。眼と肺門にサルコイドーシスの症状があって心配の様子でした。その他、様々なネガティブな話題がだされました。会報が参加者に配られました。